☆独断と偏見に充ちた愛のエンタメ感想文☆
<< 漫画家・末次由紀氏盗作問題について | main | HALLOWEEN♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
返信にかえて
10/19付け記事に関して寄せられたコメントについて
編集家・竹熊健太郎氏のブログ記事を
ぜひ、参照していただきたいと思う。

★たけくまメモ
*お時間のある方は、この記事へのコメント&TB共にご覧いただきたい。
| others | 02:37 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 02:37 | - | - |
ざっと拝見しましたが、私としては講談社の今回の厳しい処置は
こちらの方と同じ意見です。

末次氏の件で一番にヒートアップした要因は「彼女のコメント」にあると個人的には思っています。
自演は勿論、論争の火種となりましたが、それ以前に、掲示板で読者へ(ネラー含む)「講談社の担当は夏ぐらいからトレースの事実を認知していた。が、連載をずらせないと言われ書き続けた」とコメントしてしまったのです。
これは衝撃でした。
担当は気付いていたでしょう。
しかしそれを公にしてしまった末次氏に驚いたのです。
別フレ編集部からすれば、とんでもないことでしょう。会社ぐるみとなってしまえば世間の批判は一気に矛先を変えます。

「編集は知っていた、やめたいと相談もしていた、だが連載を動かせないと言われた」などと書かなければ、こんなきつい処分にはならなかったのでは……と。


私が会社側でもこのスタンドプレーはちょっとかばいきれないと思います。パクリかパクリでないかという倫理観をおいても。
まあその前に担当氏が末次さんのパクリ癖を厳しく注意していれば…無責任なとも思いますが。
それとやはり常習犯であったということですね。
シルバーにも盗用があったと別フレHPで見ました。
スラダンのトレースのあと漫画家を止めようとまで後悔したと言う言葉を信じたかったのに、残念です。
猛省して戻ってきて欲しいですね。


| かな | 2005/10/22 5:34 PM |
あ、それと昨日のコメントは少し感情的になってしまってすみませんでした。私も末次さんにはまた描いて欲しいと思っている漫画好きの一人です。
| かな | 2005/10/22 6:03 PM |









http://karuman-blue.jugem.jp/trackback/47