☆独断と偏見に充ちた愛のエンタメ感想文☆
<< 『結婚できない男』全12話 視聴完了 | main | 『花嫁は厄年ッ!』全12話 視聴完了 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『不信のとき ウーマン・ウォーズ』全13話 視聴完了
不信のとき ~ウーマン・ウォーズ~ (出演 米倉涼子、松下由樹)
不信のとき ~ウーマン・ウォーズ~ (出演 米倉涼子、松下由樹)

次回の展開が気になる…という意味では魅力的な作品だった。
だが、どこか昼ドラのような安っぽさが、
全体を通して漂っていた気がしたのは私だけだろうか。
やはり有吉佐和子の原作で、TBSが昨年『女系家族』を放送したが
こちらは同じように、泥々の人間関係を描きながらも、
きちんとした大人の夜のドラマとして仕上がっていた。
しかも、主演はどちらも米倉涼子。
違いは何か?
このドラマ、プロデューサーが脚本を兼ねていたのだが
栗原美和子という人はプロデューサーとしての才能はあっても
脚本家としての才能はないような気がする。
このチープさは『東京湾景』のときに感じたそれと同じ類のものだ。
プロデューサーとして「こう見せたい」という思いが、
脚本というワンクッションをおかないために、
あまりにダイレクトに作品に出されてしまったのではないか?
今回の場合、全面的に押し出されるべきテーマは
“正妻と愛人”という立場の違う女の、
ひとりの男をめぐるそれぞれの愛のあり方だったのではないかと思う。
だが、最後まで作品を見たとき、もっとも心に残ったのは
原作には登場しない、ベビーシッター沖中和子の
「女としてのプライドのためだけに、子どもを産むなんて最低だ」
という叫びだった。
そして、彼女たちをそこまで追い詰めた義雄が
進行胃がんにおかされたことを天罰だと言い切った。
“なんの罪もない子どもが、大人の勝手な都合で、
愛情のないところに生まれくる不幸”
サブテーマとしては、よいと思う。
だが、仮にもサブタイトルで“ウーマン・ウォーズ”と謳っているのに
いつの間にか、こちらがメインになってしまっては本末転倒ではないのか?
このドラマ、ナレーションも和子役の杉田かおるが務めているのだが、
和子として語っているのか、単なるナレーションなのか
最後まではっきりとわからなかった。
もし、この作品を沖中和子という第三者の目線で追っていきたかったのだとしたら
彼女の存在をもう少しはっきりさせる必要があったと思うし、
少なくとも“ウーマン・ウォーズ”というサブタイトルは邪魔だった。
いったいどこに目線を置いて描いているのか?
そのピントのずれ(作品の主軸のズレ)が、
結果的にすべてのチープさに結びついたのかもしれない。
ついでなので、BGMがそのチープさに輪をかけていたことも付け加えておこう。

あゝ無情
あゝ無情
オープニングタイトルロールは短編映画のように美しかった。
この曲も私の年代層には外せないだけに、主題歌としてはナイスセレクト♪
| drama | 23:58 | comments(5) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 23:58 | - | - |
杉田かおる熱演でしたよね。
| 武田 | 2006/09/24 5:22 PM |
>武田さん
ものすごい勢いで他の共演者を食ってしまいましたw
今となっては、真の主役はこっちだったのかも?
と思わなくもありません。
| かるまんぼう | 2006/09/25 12:56 AM |
本当いい女優だなって思います。
自分がプロデューサーだったら、
使いたくなるなって思いました。
(お前は何様だ!!)
| 武田 | 2006/09/26 11:09 PM |
見てましたよー。
確かに昼ドラが夜やってるみたいなドラマでしたね。
演出もBGMもふざけてるのかなと思うような。

原作を読んだ私としては
「中途半端にキレイにまとめやがって感」があります。
あのラストなら主演が米倉涼子でなくてもよかったかな。
原作通りなら納得なんだけど(笑)
| 蘭子 | 2006/09/27 1:56 PM |
>武田さん
ひょっとしたら、和子もバツイチ子無し女という立場で
“ウーマン・ウォーズ”に参加していた?
真の勝利者は正妻と愛人をうまく裏で操っていた和子かも?と思ったりしています。

>蘭子さま
映画版もいいですよw。
今回のテレビ版は、確かにキレイにまとめすぎで、拍子抜けしました。
| かるまんぼう | 2006/09/27 10:47 PM |









http://karuman-blue.jugem.jp/trackback/160
米倉涼子のビックリ●●●
米倉涼子は、不思議な大人の魅力を持った女優ですね。少し悪魔的な役柄がピッタリ。
| 最近注目の●●● | 2006/11/08 6:08 PM |
不信のとき
不信のとき『不信のとき』(ふしん-)は、1967年に日本経済新聞で掲載された有吉佐和子による小説、及びそれを原作とした映画・ドラマ化作品である。概要映画1968年公開。大映配給。 キャスト * 浅井義雄:田宮二郎* 浅井道子:岡田茉莉子* 浅井義道
| なごみの記録 | 2007/05/24 4:32 AM |