☆独断と偏見に充ちた愛のエンタメ感想文☆
<< 『プリマダム』全11話 視聴完了 | main | 『マチベン』全8話 視聴完了 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『クロサギ』全11話 視聴完了
クロサギ DVD-BOX
クロサギ DVD-BOX

最初のほうは楽しめたが、詐欺の手口はあまり変わりばえがしないし、
中だるみした感が否めない。
黒崎と関わる吉川氷柱の恋敵として登場する
三島ゆかりの、ドラマ内における役割が不明。
黒崎は恋愛も含めた、一般の人間関係をすべて切り捨て
詐欺師として生きていく決心を固めた男。
だとするならば、わざわざ彼を含めた三角関係を作ることは無意味に思える。
氷柱にとっては、彼と恋愛関係に陥ること自体、もう障害になっているのだから、
それでもう十分だったはず。
恋愛の三角関係を描くより、神志名とのやりとりや
早瀬真紀子や白石陽一の過去、桂木の背景など、
もっと見せるべき要素はたくさんあったはず。
これらの登場人物の描き方にもっとポイントをおいて
黒崎と絡ませて描くことが出来れば、
単なる詐欺師の物語で終わらずに済んだであろうに、
設定を活かしきれずに消化不良で終わってしまった感じがする。
いちばん良く出来ていたのは、11話の予告編。
最終回に期待したが、物語を完結させるに足るカタルシスは得られず
肩透かしを食った。
原作が連載中のこともあり、何ひとつとして問題は片付いていないことから
ひょっとしたら、続編狙いの線もあるかな?と思ったりして。
視聴者であるこちらが詐欺にあったようなドラマだった。
| drama | 23:51 | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 23:51 | - | - |
かるまんぼうさん、おはようございます。

詐欺師が詐欺師を騙す、というテーマはとっても
面白かったんですが、そこに絡ませるのは黒崎の過去だけの
方が、すっきりしたかもしれないですね。
氷柱の愛は最後には必要だったと思うけど、三角関係は
いらなかったかも。
黒崎逮捕のシーンには切なくなりました。
続編、スペシャルで見てみたいです。
| ちーず | 2006/06/26 7:47 AM |
>ちーずサマ
お忙しいのにコメントありがとうございます。
ラストの“See You!”の文字が何とも意味深な気がしてなりません。
| かるまんぼう | 2006/06/26 11:52 PM |









http://karuman-blue.jugem.jp/trackback/134
クロサギ 最終回スペシャル
『さよなら黒崎』 黒崎(山下智久)は、内職詐欺の被害者・可南子(松居直美)から夫・ 水野(二反田雅澄)がフランチャイズ・チェーン詐欺に遭い、 今は刑務所に入っていることを聞く。 水野を嵌めたシロサギの名は春日(萩原聖人)。 6年前に御木本(岸部シロー)の
| どらま・のーと | 2006/06/26 7:44 AM |
クロサギ 最終話 「さよなら黒崎」
黒崎(山下智久)は、内職詐欺の被害者・可南子(松居直美)から 夫・水野(二反田雅澄)がフランチャイズ・チェーン詐欺に遭 い、今は刑務所に入っていることを聞く。 水野を嵌めたシロサギの名は春日(萩原聖人)。 6年前に御木本(岸部シロー)の下にいた男だった。
| どらまにあ | 2006/07/01 11:06 AM |