☆独断と偏見に充ちた愛のエンタメ感想文☆
<< 偉大なる作詞家であり作曲家だった | main | アロマボイス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
モーツァルトからはじめませんか?
I LOVE モーツァルト
I LOVE モーツァルト
石田 衣良, 「熱狂の日」音楽祭

最近、クラシックブームだが、
自分はピアノ曲以外、あまり聞かない。
ただ、今年はモーツァルト生誕250周年ということで
ちょっと、そこいら辺にも手を出してみるかな?
と思っていたところ、書店でこの本に出くわす。
ナイスタイミング!
IWGPでも主人公のマコトがよくクラシックを聞いていたが、
そんな感覚でモーツァルトが楽しめてしまう一冊。
著者セレクションのCDも付録でついており(80分近くある)
ピアノ曲から歌劇まで、ひととおりモーツァルトが楽しめるようになっている。
著者ならではの文体は、クラシック初心者でも
飽きさせることのないスピード感で、
この一冊を読んだあとには、文中で紹介しているクラシックの名盤を
聞きたくなること必須。
文章と寄り添うように、CDがついているのも
なるほど納得!の一冊。
| book | 23:36 | comments(3) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - |
私は逆に、歌劇ばかり聞くのでピアノ曲を聴いてみようかな。と、言うことで、上の写真をクリックしてアマゾンから購入しました。早く届かないかな〜♪
(アマゾン、やってみたら簡単ですね。遡って、沢山買いたいと思います。)
| xwing | 2006/03/21 3:38 PM |
クラシックブームとかを熱狂しなかった。


| BlogPetのBINGO | 2006/03/21 3:41 PM |
歌劇はハマるのが怖くて(金銭的に)あえて避けているんですが・・・。
ご購入後にこんなことを書くのはなんですが、
クラシックに精通している方に、このCDはやや物足りないかもしれません。
その分、読み物としての出来はよいと思いますのでご容赦下さい。
またのご利用をお待ちしております。
| かるまんぼう | 2006/03/23 10:28 PM |









http://karuman-blue.jugem.jp/trackback/109
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/22 1:37 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/25 11:28 PM |